徳島の賃貸

敷金・礼金は、賃貸契約を結ぶ際にたとえば敷金2か月分礼金1か月分といった具合に最初に徴収されるのが常です。

このため、その意味をあまり知らないまま支払っている場合もあると言えます。

敷金はそもそも原状回復のために積み立てておくもので、もし転居する場合にはその費用は原則借りていた人に返却する義務があります。

それに対して礼金は、大家に対して貸してくれてありがとうという意味のため、返却されることはまずありません。

もし家賃交渉などをする場合には、ケースバイケースではありますので、敷金と礼金について特に礼金を敷金に変えてほしいという交渉は飲んでくれる場合もあります。

家賃そのものの交渉には応じない大家でも、敷金と礼金の付け替えの場合は応じてくれる場合もあります。

実際に2年程度で引越しをする可能性がある場合には、敷金は原状回復後には返却されるものですから、実質的に家賃そのものを安くするよりは、成功の可能性も高くなりますし、実質的に返金されてくると思えば実質的な負担減になります。